本文へスキップ

愛知県 東三河 豊橋市の葬儀、葬祭、告別式、社葬、家族葬、無宗教葬、葬儀のご相談・生前見積りは葬儀ホール 豊隆殿へ

TEL. 0532-64-4004

〒441-8051 愛知県豊橋市柱四番町14-1

仏式以外のお葬式(神式の葬儀)

神式の葬儀

仏式以外の葬儀(神式の葬儀)
家族葬の豊隆殿

神式の葬儀

豊隆殿各ホールにて執り行うことができます。

神道(しんとう)の形式によって行われる葬儀を、神葬祭(しんそうさい)といいます。 神葬祭では、人が死去(帰幽といいます)しますと、神社の神職が神道の形式にて執り行います。 神道で行われる葬儀は仏式とは異なります。 仏式は故人を極楽浄土に送るための葬儀ですが、神葬祭は故人の御霊をその家にとどめて、家の守護神となってもらうための儀式です。

神葬祭では仏式のように焼香や線香を用いることはなく、これに当たるものが玉串奉奠(たまぐしほうてん)です。玉串とは榊の枝に紙垂(しで)を付けたものをいいます。 玉串を捧げたあとは二拝二拍手一拝(にはい にはくしゅ いっぱい)の作法でお参りしますが、神葬祭や五十日祭までの拍手は、音を立てないようにそっと手を合わせる忍び手にします。

神道では、神の鎮まる聖域である神社で葬儀を行なうことはほとんどなく、故人の自宅か、別の斎場で行ないます。

  • 通夜祭および遷霊祭 通夜祭(つやさい)は仏式の通夜に当たるものです。神職が祭詞(さいし)を奏上し、遺族は玉串を奉って拝礼します。 遷霊祭(せんれいさい)は、故人の御霊(みたま)を霊璽(れいじ)に遷し留める儀式です。「御魂移しの儀」を執り行い、夜を象徴して部屋を暗くし、神職により遺体から霊璽へ御魂が移されます。
  • 葬場祭 通夜祭(つやさい)は仏式の通夜に当たるものです。神職が祭詞(さいし)を奏上し、遺族は玉串を奉って拝礼します。 葬場祭(そうじょうさい)は仏式の葬儀・告別式に当たります。故人に対し最後の別れを告げる、神葬祭最大の重儀です。弔辞の奉呈、弔電の奉読、神職による祭詞奏上、玉串奉奠などが行なわれます。